『ダ・ヴィンチ』2018年5月号「今月のプラチナ本」は、瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』

今月のプラチナ本

2018/4/6

『そして、バトンは渡された』 ●あらすじ● 幼い頃に実の母親を亡くしてから、さまざまな事情から、次々と親が代わるという境遇で育った17歳の女子高生・森宮優子。〈父親〉が3人、〈母親〉が2人いて、名字も3回変わるという数奇な運命を辿りながらも、いずれの親からも一身に愛を注がれ育った彼女は、まったく不幸ではないのだった。... 続きを読む