復活した「egg」が2年と持たず“終わる”かもしれない理由

暮らし

2018/4/7

出典「egg 公式サイト」より  最盛期に47万部を売り上げ、ギャル・ギャル男のバイブルとなった雑誌「egg」。2014年に惜しまれながら休刊したが、この春、Web限定で復活を果たした。「コギャル」「ガンギャル」「マンバ」「センターGUY」――数多の流行語を生みだしたeggだが、新生eggも新しい文化を創れるだろうか... 続きを読む