観たい春アニメをPVでチェック!! 第7回“つづきみ”は、過去最多の65作品を紹介!!

マンガ・アニメ

2018/4/7


 2018年3月30日(金)、アニメPV上映イベント『僕たちは新作アニメのプロモーション映像を3時間かけて一気観したらどのくらいつづきをみたくなるのだろうか?』、通称“つづきみ”が開催された。アニメの“0話切り”を撲滅すべく2016年9月より始まった本イベントも、今回で7回目。今やアニメが始まる前の恒例イベントとなっている。

 今回紹介されるPV数は、過去最多の65作品。司会はお馴染みの日本放送アナウンサー・吉田尚記さんと、タレントで女優の結さん、そして今回途中までしかいられない結さんの代役として、特別に代々木アニメーション学院初のアイドルグループ「=LOVE」の野口衣織さんも加わり、計3人が務める。また、コメンテーターとしては、こちらもお馴染みとなっているジャーナリスト・数土直志さん、「Anime Now!」編集長・リチャード・アイゼンバイスさんが登壇した。


 イベントの様子は「ニコニコ生放送」「Tokyo Otaku Mode」のほか、「バンダイチャンネル」でも放送された。

 本イベントの最初を飾るのは、『信長の忍び~姉川・石山篇~』。今までの名シーンをぎゅっと集めた総集編が流され、登壇者たちは大盛り上がり。これから物語は佳境に向かい、シリアス度の増していく本作品だが、原作ファンの結は「テンポの良さとキャラクターの魅力は変わらず描かれるはず!」と期待を膨らませていた。

 ここからは、ヤクザ×サイキック少女の『ヒナまつり』、地獄の日々を描く人気作『鬼灯の冷徹 第弐期その弐』、温泉の名前がキャラクター名となっている温泉アニメ『美男高校地球防衛部HAPPY KISS!』と続けて上映。

 そして、1つめのゲストコーナー。『3D彼女 リアルガール』から、筒井光役の上西哲平さん、宣伝担当の小嶋隆一さんが登壇した。


 PV上映のあと、作品についてのトークが行なわれた。本作品は、超絶オタクと学校一の超絶美少女カップルの日常を描くラブコメディ。「ヒロインは女子に嫌われるタイプの女子」だという説明に、結さんは「分かるわー!」と強く共感。


 また、本作品が初主演だという上西さんは、「アフレコ中、筒井が下を向くと、思わず自分も下を向きそうになっちゃいます(笑)」とシンクロしながら演じていると話した。

 トークのあとは、大人気サッカーアニメ『キャプテン翼』、プロ野球選手の実態を描く『グラゼニ』、「あしたのジョー」連載開始50年記念として作られた『メガロボクス』、そして、金塊を巡る生存戦争サバイバル『ゴールデンカムイ』、ゲーム原作の注目作『Caligula -カリギュラ-』、同じくゲーム原作の大ヒット作『PERSONA5 the Animation』が続けて紹介された。『グラゼニ』は、キャストにかなりこだわっている様子。

 また、ペルソナに関しては結が大ファンだそうで、「ペルソナは1つ1つ別作品なので、5からでも問題なく観られます!」と話し、「すべてが素晴らしいのでぜひ観てください!!」と強く推していた。さらに吉田さんは『ゴールデンカムイ』推しのようで、「冒険、謎、時代、グルメ、動物、美少女が全部入っていて、全部きれいに成立してるすごいアニメ!」と絶賛。

 ここで応援団が紹介され、その後司会アシスタントを結さんから野口さんにチェンジ。ここからは吉田さんと野口さんで進行していく。

 引き続き、WEB漫画として絶大な人気を誇った『奴隷区 The Animation』、シリーズ累計全世界3500万部のダークファンタジー『東京喰種トーキョーグール:re』、過酷な環境で生きてきた少女が魔法の力を手に入れ、さらに苛烈な運命に巻き込まれていく『魔法少女サイト』、続けてNetflixで配信されるアニメ『ソードガイ The Animation』『B: The Beginning』『A.I.C.O. Incarnation』の3本のPVが紹介された。野口さんは今人気のVTuber・キズナアイが大好きだそうで、「キズナアイが管理人役として登場するので、『魔法少女サイト』が気になります」と話していた。Netflix配信のアニメは、配信と同時に最終話まで観られるため、数土さんも「観始めると止まらなくて、今ではどっぷりNetflixユーザーです」と、その魅力にはまっていると明かした。

 ここで、ゲスト登場第2弾。『鹿楓堂よついろ日和』のプロデューサー・米森さん、宣伝担当・加瀬さんが登場した。


 米森さんによると、「女性だけではなく、男女ともに楽しめる作品です」と、グルメ番組や朝ドラのような感覚で観てほしいと語った。原作ではシリアスな面も多いが、アニメでは癒しやポップな面に重点を置いているそう。


 また、4月8日(日)には1話と2話の先行上映会も行なわれ、豪華キャスト陣を迎えてのトークショーも開催されるとのこと。

 続いて、飯テロアニメ3作品『かくりよの宿飯』『食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇』『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』、そして結さんとリチャードさんも推しだという『フルメタル・パニック! Invisible Victory』、暗黒ライトノベルとしてアニメ化不可能と言われていた『されど罪人は竜と踊る』、前代未聞の魔法少女もの『魔法少女 俺』、さらに注目が集まっているオリジナルアニメ『ひそねとまそたん』、マクロスシリーズを作り上げた河森正治さんが手掛ける『重神機パンドーラ』、不意に串カツが登場するSFギャグアニメ『宇宙戦艦ティラミス』が続々と紹介された。

 ここからは、子供向け作品をメインとして『ゲゲゲの鬼太郎』『キラッとプリチャン』『パズドラ』、『おしりたんてい』『SNSポリス』、そして『ガンダムビルドダイバーズ』『カードファイト!! ヴァンガード』『レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~』のPVを上映。『SNSポリス』には、野口さんも声優として参加しているとのこと。また、『おしりたんてい』のビジュアルのインパクトに、登壇者も配信を観ているアニメファンも騒然となり、笑いが巻き起こった。

 ここからの3本は、劇場版アニメ。『映画ドラえもん のび太の宝島』『劇場版名探偵コナン ゼロの執行人』『ニンジャバットマン』。数土さんは、今回の一番の注目として『ニンジャバットマン』を挙げ、「アメリカの先行上映でも大絶賛されていて、世界的に歴史に残るアニメ作品だと思います」と話した。

 テレビアニメ作品に戻り、『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』『LOST SONG』『ラストピリオド ―終わりなき螺旋の物語―』の3本を紹介。「ラストピリオド」のアップテンポな楽曲とPVに、「安心する」「深夜アニメはこうあるべき」とのコメントが流れた模様。また、「ソードアート・オンライン」について、ファンであるリチャードさんは原作も読んでいるそうで、本作品の原作はSAOの作者ではなく、『キノの旅』の作者である時雨沢恵一さんだと説明し、「銃オタクである彼が描くこの作品は完璧です」と語った。

 続いては、懐かしのアニメのリメイク編として『Cutie Honey Universe』『蒼天の拳 REGENESIS』『ルパン三世 PART5』の3作品を紹介。今回のルパンは、デジタル通貨を盗もうとしたり、SNSを使っていたりと現代的。

 その後応援団紹介を挟んで、『GOD EATER レゾなんとか劇場』を、なんと丸々1話上映。本作品は、スマホRPG「GOD EATER RESONANT OPS」をもっと知ってもらおうという、学校形式のチュートリアルアニメ。

 そして、ここからはちょっとHなハーレムもの、最近何かと話題になる“僧侶枠”等の3作品『ハイスクールD×D HERO』『立花館To Lieあんぐる』『甘い懲罰~私は看守専用ペット』を上映。そして打って変わって、清純派&純情派恋愛アニメが『多田くんは恋をしない』『ヲタクに恋は難しい』『あっくんとカノジョ』『ReLIFE』と4作品紹介された。

 まだまだ終わらない今期のPV紹介。続いては、『踏切時間』『ありすorありす』『あまんちゅ!~あどばんす~』の3作品、そして応援団の紹介を挟み、『こみっくがーるず』『お前はまだグンマを知らない』『Lostorage incited WIXOSS』が流された。『踏切時間』は、すべての物語が踏切で展開されるという。また、『ありすorありす』や『こみっくがーるず』には、今期の癒し枠、きらら枠、といったコメントが流れ、「何も心配がない!!」と吉田さん。

 3時間以上続いた本イベントも、いよいよラストスパート。『Butlers~千年百年物語~』『ニル・アドミラリの天秤』『デビルズライン』、そして『ピアノの森』『銀河英雄伝説 Die Neue These』『シュタインズ・ゲート ゼロ』が流されて、計65作品のPV完走となった。

 一番大好きなアニメがシュタゲだというリチャードさんは、PVを見ながら満面の笑み。「新アニメに向けて、改めて過去のアニメを観直します」と嬉しそうに話した。そして原作のクオリティも最高だという『ピアノの森』で演奏を担当するプロの中には、13歳のピアニストもいると吉田によって明かされた。どの演奏も世界に通用するピアニストが担当しており、「NHKの本気が見られる作品」とニコ生でも注目されていた。。


 この『僕たちは新作アニメのプロモーション映像を3時間かけて一気観したらどのくらいつづきをみたくなるのだろうか?』は、今からでもニコニコ生放送で観ることができる。まだ観ていない人は、春からの楽しみを見つけるためにチェックしてみては?

■「つづきみ第7回」ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv311867049

取材・文=月乃雫