『惡の華』『ぼくは麻理のなか』『血の轍』…押見修造作品に不可欠な“母親”の存在

マンガ

2018/4/21

 魅力的な女性キャラクターが登場する漫画は数あれど、押見修造先生の描く女ほど、常軌を逸した女キャラがいたでしょうか。いや、いないはずです。 『惡の華』で有名な押見先生は、現在『ビッグコミック スペリオ... 続きを読む