新婚なのに、セックスレス……努力をしてもムダ?

恋愛・結婚

2018/4/25

『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント嫁日記~』(ポレポレ美/ぶんか社)

『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント嫁日記~』(ポレポレ美/ぶんか社)は、仲はいいけれどセックスレスに悩む新婚生活の苦悩を、妻のポレポレ美さんが描いた実録コミックエッセイだ。

 セックスレス問題……多くの夫婦にとって、他人事ではない切実さを持っているのではないだろうか。

 ポレポレ美さんの場合、同棲が9年と長かったこともあり、結婚してからの性交渉はゼロ。なんとかその状況を打破したいと、精力剤を食事に混ぜてみたり、「そういうムード」になるようセクシーな寝巻きを着てみたりと、様々な努力をする。もちろん夫婦で話し合いの場も設けたが、セックスレスの問題は解決しなかった。

 だが夫婦仲はいたって良好。ケンカもせず、夫の山木さんは今でもポレポレ美さんのことが大好きだという。

「そんなに好きなら、なんで私とセックスしてくれないの?」

 思いつめたポレポレ美さんは山木さんに尋ねる。すると……、

「以前にも増して『家族感』が強くなってる」
「大切な家族とはそういう気持ちにはなかなか……ごめん」

 とのこと。

 う~ん……ポレポレ美さんの不安や不満も分かる。

 だが、「家族になってしまったから」という夫の山木さんの気持ちも分からんでもない。多くの夫婦が直面している壁は、この「家族になっちゃった問題」ではないだろうか。本作の場合はダンナさん(男)の方がそうなってしまったが、女性がダンナさんに対してそう感じており、レスになってしまうケースもあるだろう。

 その上、山木さんの職業は芸能記者であり、不規則な生活の上に、多忙を極めている。そのため「二人のタイミング」は中々合わない(「忙しい」という割に、パワ○ロをしているのは一体……とも思うが)。

 ポレポレ美さんは、両親や周囲の「子ども産まないの?」というプレッシャーに苦しめられたり、友人男性からの「セックスしたいなら、俺としようよ」的なセクハラに遭ったりしながら、「レス問題」を解決しようと努力する。

 そして山木さんの承認も得て、「妊活」に励むことになったのだが、忙しい山木さんがようやく「ヤル気」になってくれて、無事に性交渉成功か……!? と思いきや、どうも山木さん、調子がよくないようで……。レス解消は失敗してしまう。

「せっかく忙しい中、山木さんが帰って来てくれたのに」
「さっきのことは、きっと私が原因だ……」
「これから先、どうしたらいいんだろう……」

 という絶望のところで、本作は終わっている。

 連載は無料まんがアプリ『Vコミ』で続いており、気になって読んでみたのだが、事態はかなり悪い方に転がっていた。本作のラストも十分、「苦しいだろうな」と胸が締め付けられる気持ちになったのに、さらにその上をいく波乱の展開になっていた。

 ……ご興味のある方はアプリで読んでいただければと思う(まだ完結はしていない)。

 セックスレスに悩む女性の方々。特に「夫がしてくれない」ことに悩んでいるのなら、本作は大いに共感できる内容になっているだろう。「解決」はしないかもしれないが、同じことで苦しんでいる女性がいるということだけでも、励みになるはずだ。

 また、ポレポレ美さんに感情移入するだけではなく、一歩引いて客観的に見てみると、「理解できなかった夫の気持ち」にも気づけるかもしれない。それが「レス問題」の解決につながれば嬉しい。

文=雨野裾