『王様のブランチ』で紹介! 「思春期の性」を赤裸々に描く『青春のジョーカー』に誰もが共感する!

文芸・カルチャー

2018/4/28

『青春のジョーカー』(奥田亜希子/集英社)  もてないやつは、この世で一番悲惨な生き物だ。もてない自分は、「この先ずっと、楽しいことがなにもないような気がする」──私も、そんなふうに考えていた。中学や高校に通っていたころの話だ。狭いところで、密閉された関係の中、誰かの言葉に、振る舞いに、いつだって傷ついていた。私もた... 続きを読む