90年代、小学生の「ぼく」を見ていた「あいつ」の正体は……『岡崎に捧ぐ』の山本さほが新境地!?

アニメ・マンガ

2018/4/30

『いつもぼくをみてる』(山本さほ/講談社)  脱力テイストのほのぼのとしたイラストと、共感ありまくりなエッセイ風の読み口で人気を博している山本さほさん。出世作となった『岡崎に捧ぐ』では80年代カルチャーを交えた旧友との思い出、『無慈悲な8bit』では大好きなゲームをテーマに描き、30~40代のノスタルジックな感情を鷲... 続きを読む