外国人労働者が100万人を超える時代―日本が共生の道へと辿り着くために

社会

2018/5/3

『新 移民時代 外国人労働者と共に生きる社会へ』(明石書店)  2016年、日本における外国人労働者が100万人を超えた。しかし、そのうち2割は留学生だという。どうして学業のために来日した外国人がアルバイトに明け暮れているのか。また、「移民政策は取らない」と主張し続ける政府と、実際の外国人労働者数の矛盾は何を意味して... 続きを読む