産地・表示偽装…身近なトマト缶の黒い真実

暮らし

2018/5/8

『トマト缶の黒い真実』(ジャン=バティスト・マレ:著、田中裕子:訳/太田出版)  食の洋食化に伴って、トマト缶の活躍場面が増えている。保存食品であるトマト缶は生トマトとは違って、季節に関係なく常に一定の価格で手に入るのが魅力だ。野菜が不作の年でも、トマト缶があれば野菜不足を補うこともできる。そんな手軽さから、常にスト... 続きを読む