シリアス度が増す『ダンジョン飯』6巻で物語は新展開へ ラストは「○○の酒蒸し」で締め?

レビュー

倒したモンスターを喰らいながらダンジョンを旅するという異色の設定、そしてその調理描写が本気過ぎ、また美味そうという妙なリアリズムもヒットの要因となり、数々のマンガ賞を受賞してきたのが『ダンジョン飯』…

本文を読む