箱推し推奨!『ぼくたちは勉強ができない』ヒロイン5人の魅力

アニメ・マンガ

2018/5/14

『ぼくたちは勉強ができない』(筒井大志/集英社)

 週刊少年ジャンプで、絶賛連載中の『ぼくたちは勉強ができない』。可愛い子と一緒に勉強をするという、学生なら誰もが憧れたであろうシチュエーションを上手に盛り込んだラブコメディ作品なのですが、これが異常に面白いと評判です。出てくるヒロインが総じて可愛いのです。嫌われヒロイン、捨てヒロインが必ず発生するハーレム漫画において、これは非常に稀有な例だといえます。

(あらすじ)
 主人公の成幸は、努力型の秀才タイプ。しかし、勉強でどうしても勝てない2人がいる。文系の天才・古橋文乃と、理系の天才・緒方理珠。ある日、校長に呼び出された成幸は、授業料免除の特待生になる代わりに、文乃と理珠の勉強を見ろと命じられる。なんと2人は各分野の天才であるにもかかわらず、真逆の分野の夢を目指していたのだった……。

 序盤は文乃と理珠のWヒロインでしたが、さらに水泳の天才、武元うるか、浪人生の小美浪あすみ、超絶厳しい先生、桐須真冬が参戦。この5人のヒロインたちによって、成幸の学園生活が彩られていきます。

 人気漫画の宿命ですが、先日ついに、ジャンプ本誌でキャラクター人気投票が行われました。見たかったような、見たくなかったような……。投票の結果をみて、自分の推しが1位でなかったことを悲しんだ人も多いことでしょう。しかし、ランキングは単なる結果でしかありません! 今回は、ランキングに一切とらわれない形で、公平に5人のヒロインの魅力を紹介してみようと思います。

●目指すは天文学者! 古橋文乃

 文系科目において右に出る者がいないほどの天才ですが、理系科目は壊滅的な、黒髪ロングの美少女。スレンダーなモデル体型で、学内ではファンクラブもできるほどの人気。人の心の機微を読むことが得意で、理珠とうるかの気持ちに真っ先に気が付き、応援役に徹するようになります。が、成幸への恋心が少しずつ浮き彫りに……。いずれ、理珠たちに自分の気持ちを打ち明ける瞬間が訪れること必至なので、この先の展開が最も気になるキャラです。家族との関係も気になるところではあります。連載初期の毒舌キャラの設定が消えて本当に良かったと思います。

●友達と楽しくゲームがしたい緒方理珠

 数学、物理など理系科目に長けた天才。身長143センチと小柄ながらも、巨乳(G、もしくはHカップ)という圧倒的アドバンテージの持ち主です。文乃とは対称的に、心の機微を見抜くことが苦手な面をコンプレックスに思っています。だからこそ、人の気持ちがもっと理解できるようにと、心理学を学びたいという夢を持っているのです。クールに見えて、じつは誰よりも人の心に寄り添いたいというギャップが萌えます。論理的思考すぎて現段階では自分の恋心に気づいていませんが、そろそろ自覚するでしょう。ちなみに、成幸とはすでにキスまで済ませています(事故だけど)。

●家庭的なスポーツウーマン、武元うるか

 水泳部のエースで、オリンピック有力候補といわれるほどの実力者。その反面、学業はボロボロ。スポーツ推薦を得るには英語の点数を上げなければならないということで、成幸に教わることになります。ヒロインの中で唯一、成幸への恋心をしっかり自覚している女の子です。普段は元気でハイテンションなのに、成幸に関することになると一転、照れたり恥じらったり、完全に乙女モードになるところが可愛いです。早起きしてお弁当を作ったり、水泳をひたすら一生懸命頑張ったり、涙ぐましい努力が見て取れます。ラッキースケベ要員でもあります。

●完璧無欠に見える、クールビューティー桐須真冬

 成幸たちが通う学校の先生。隙のない美人であり、厳しい指導で生徒たちからは恐れられる存在。オールマイティに見えますが、じつはプライベートはものすごくズボラ。部屋着は主にジャージで、掃除ができないため自室は大変な汚部屋です。モノをなくしたり、虫にビビったり、事あるごとにトラブルを起こすドジっ子で、最年長ヒロインなのにもかかわらず、成幸が最も手を焼いているのが真冬先生だったりします。とはいえ、大人ならではの考え方で、成幸を含め、ほかヒロインたちをきっちりサポートしてくれるありがたい存在。制服という縛りがないため、コスプレ担当。

●リアルモテは多分この人、小美浪あすみ

 通称、あしゅみー先輩。成幸たちが通う学校のOGで、医学部を目指して浪人中です。苦手科目は理科。予備校代を稼ぐため、メイドカフェでアルバイトをする頑張り屋さん。他ヒロインが揃って奥手なのに対し、男を手玉に取る方法を熟知しているあしゅみー先輩。冗談か本気かわからない言動で成幸をからかっては楽しむS気質です。リアルだったら一番モテるのは、恐らくあしゅみー先輩でしょう。人間的に最もバランスが取れているように思います。実家が開業医なので、一人っ子のあしゅみー先輩が医者になったら、自動的に跡継ぎ決定。逆玉狙いなら迷わずあしゅみー先輩です。

 5人全員、何かしら不得意や短所があるのですが、それがあるからこそ、魅力的で個性のある可愛いヒロインになっているのです。ジャンプ本誌では3年の夏休みが終わったところで、受験まで残り半年。時間的な制約があるため、必然的に勝ちヒロインが決まってしまうわけです。寂しすぎる! みんなが幸せになれますように。祈りながら、毎週月曜日のジャンプ発売日を楽しみに待っています!

文=中村未来(清談社)