20周年を迎えた『カウボーイビバップ』を、今こそ観る意味

アニメ・マンガ

2018/5/23

「俺はただ覚めない夢を見ているだけさ」  舌に染みるほど苦いけれど、かすかに残る甘さ。ビターなタバコの煙の味がするオトナのアニメ。「カウボーイビバップ」は、90年代の萌えアニメ全盛時代に、人々の目を覚まさせた辛口の異色作だった。  作品の舞台は、星々を宇宙船が行き交う近未来。登場する人物は、いわくありげな過去を持つ賞... 続きを読む