さびしいって、悪いこと?  三浦しをんが描く現代版『細雪』。独り身にとっての“理想郷”とは?

文芸・カルチャー

2018/6/26

『あの家に暮らす四人の女』(三浦しをん/中公文庫) 「○歳になってもお互い独り身だったら結婚しようぜ」なんて若者の軽口にくらべ、一定の年齢を超えた女同士でかわされる「○歳になって一人暮らしだったら同じマンションに住もう」は、そこそこみんな本気だと思う。ひとりの生活は気ままで楽しい。だけど、ふと誰かのぬくもりが生活にほ... 続きを読む