盲目の文化人類学者が「目の見えない世界」を研究。何が見える?

暮らし

2018/7/4

『目に見えない世界を歩く』(広瀬浩二郎/平凡社)  先日、こんな光景を見た。白杖を手に横断歩道を渡ろうとする視覚障がいを抱えた女性。そこへ軽トラが走ってきた。軽トラの運転手は、歩行者を優先することなく横断歩道に突っ込み、危うく交通事故を起こしかけた。女性は何が起きたか分からず、白杖で軽トラのボンネットをトントンと叩き... 続きを読む