殺されたい少女と殺人鬼の脱出劇! 今期アニメ『殺戮の天使』で人気のフロアマスターは?【Twitter投票結果】

アニメ・マンガ

2018/8/17

『殺戮の天使』(原作:真田まこと、漫画:名束くだん/KADOKAWA)

 10代~20代のアニメファンを中心に強い人気を誇っている『殺戮の天使』。ゲームマガジンにて無料で公開されている、星屑KRNKRN(真田まこと)が手掛ける探索型ホラーゲームが原作で、現在夏アニメとして放送されている。

 本作品は、覚えのない不気味なビルの最下層で目を覚ました主人公レイチェル・ガードナーが、B6フロアで出会った殺人鬼アイザック・フォスター(通称:ザック)と共に、建物から脱出するため上の階へ進んでいくというストーリー。

 レイチェルとザックは、ちょっと変わった約束で結ばれている。それは、レイチェルはザックをこのビルから無事脱出させる、そして脱出したのちザックはレイチェルを殺す、というもの。この約束により、2人はお互いを助け合い、各フロアにいる困難な敵に立ち向かっていく。

 主人公であるこの2人が個性的なのは言うまでもないが、各階の敵「フロアマスター」も、相当個性的。そして狂っている。B5フロアのダニエル・ディケンズ(通称:ダニー)は、病んだ眼を愛し、レイチェルの眼に異様な執着を見せる自称レイチェルの主治医。B4フロアのエドワード・メイソン(通称:エディ)は、墓を作るのが好きな少年で、惚れたレイチェルの墓を作って2人が来るのを待ち構えていた。B3フロアのキャサリン・ワード(通称:キャシー)は、“断罪人”を自称しているサディスト女看守で、“懲罰”と称しさまざまなトラップで2人が苦しむのを愉しんでいた。

 現状、アニメで登場しているのはこの階層まで。どのキャラクターもある意味魅力的で、それぞれにファンがいる様子。そこで、ダ・ヴィンチニュース公式Twitterで、好きなキャラクターについてのアンケートを実施した。今回対象としたのは、各フロアのマスターたち。フロアマスターでないレイチェル、アニメに登場していないB2フロアのエイブラハム・グレイは対象外とした。実施の結果、なんと1日で8401人からの投票が集まり、改めて本作品の人気の高さを感じる結果となった。

『殺戮の天使』好きなフロアマスターアンケート結果
1位:ザック 71%
2位:エディ 11%
3位:キャシー 10%
4位:ダニー 8%

 投票結果は、やはりザックが圧倒的で71%を獲得。投票を実施した日に放送された回が“ザックの笑顔”回で、ファンの心を鷲掴みにしていたことも多少は影響しているかもしれない。だがそれ抜きにしてもザックの1位は揺るがないと見て間違いはないだろう。他の3人は接戦となったが、作品自体の女性ファン率の高さからか、エディが2位に輝いた。ダニーは登場から少し間があいてしまっているためか、最下位。

 個人的には、先日VTuber化され話題となったキャシーがもう少し票を獲得するのでは、と予想していたが、10%と低めの結果になった。また、「グレイがいない…」「グレイ神父~!」とグレイファンと思われる人のコメントも複数見受けられた。

 ザックを除いたフロアマスターたちの順位は、まだまだ変動すると予測される。アニメが終わる頃にはこの順位がどうなっているのか、また改めてアンケートを実施してみたい。

文=月乃雫