母の呪い、公開処刑…女性は美しくて残酷な生き物——写真家によるリアルな女性論

暮らし

2018/8/27

『ウーマン』(下村一喜/集英社) 「性」についての話題に事欠かない昨今。そしてまた、いわゆる炎上騒動が起きるのも、「性」に関する発言の場合が多い。そんな時代に「男」や「女」について語るのは、勇気のいることだと思う。 『ウーマン』(下村一喜/集英社)では、「日本で最も女性を美しく撮影する写真家」といわれる著者が、古今東... 続きを読む