青春小説を読んでいたつもりだったのに…!? エピローグにガツンとやられる電撃小説大賞《大賞》受賞作

文芸・カルチャー

2018/9/3

『この空の上で、いつまでも君を待っている(メディアワークス文庫)』(こがらし輪音/KADOKAWA) 「将来の夢なんてバカらしい」 「人生って、つまんない」 「私以外は全員バカ」  学生時代、そんな思いを少しでも抱いたことはないだろうか。子どもの頃は「野球選手になりたい」「ケーキ屋さんになりたい」と無邪気な夢を抱いて... 続きを読む