東京下町・綾瀬のヤクザのもとに飛び込んできた依頼は「潰れかけた学校の運営」!?

文芸・カルチャー

2018/9/4

『任俠学園 (中公文庫)』(今野 敏/中央公論新社)  学園モノというのは不思議とアウトローと相性(?)がいい。荒れた学校を立て直すのがヤンキーっぽい先生だったり、学校一のワルが実はいいやつで、敵対するチンケな不良集団をけちらしたり、そんな作品がいくつも頭に浮かぶもの。だが、同じアウトローとはいいながら、相手が本物の... 続きを読む