ヤクザが赤坂にある“潰れかけの銭湯”を再生 日本人ならではのその理由とは?

文芸・カルチャー

2018/9/7

『任俠浴場』(今野 敏/中央公論新社)  このほど累計40万部を超える今野 敏さんの「任俠」シリーズ最新作『任俠浴場』(中央公論新社)が出版された。義理と任俠を大事にする昔気質のヤクザ・阿岐本組の面々が挑むのは、赤坂にある潰れかけの「銭湯」の再生。「銭湯には日本人の大事な思い出が詰まっている」と意気込む阿岐本親分は、... 続きを読む