親の再婚で気になっていたクラスメートが義兄に…! 一つ屋根の下のキケンな恋

アニメ・マンガ

2018/9/21

『ミントチョコレート』(折笠まみ/白泉社)

 好きな人が親の再婚で義兄になったら? という設定はラブコメの定番だが、定番というのはいつの時代も需要があるからくるもので、要するにみんな大好きなのである。なかでも『ミントチョコレート』(折笠まみ/白泉社)がアプリ「マンガPark」でランキング1位常連となっているのは、2人のじれったい関係が丁寧に繊細に描かれているからだろう。

 高1の終わり、七海の母親の再婚相手の息子として対面したのはクラスメイトの京平。イケメンゆえにモテるけれど女の子にはつれなく泣かせまくるクールな俺様。けれどその遠慮のなさと笑顔のギャップに七海も落ちてしまう。だが、自分だけ特別のように感じていたその気さくさは、当時すでに自分が義妹になることを知っていたからだった……。というのが物語の出だし。

 互いに苗字で呼び合い、学校では他人同士を貫くも、風呂場で着替えているところを目撃されるなど家の中ではハプニングの連続。布団のなかで抱きしめられるわ、押し倒されるわ、キスされかけるわで、七海はキャパシティオーバーを起こしっぱなし。「妹がほしかったわけじゃない」「お前だったから俺は」。……俺は、なんだよ。言えよ! 言ってつきあっちゃえよ! と読者としては焦らされることこの上ないが、屈託のない七海のかわいさに惹かれる京平の、涼しげな表情に潜む悶々とした葛藤が描かれるのもまた楽しい。

 それにしても実際、好きな人とある日突然、兄妹になったらどんな気持ちになるだろう。近づけてラッキー! というよりは、一足飛びに“家族”になってしまう戸惑いのほうが上回らないだろうか。それはつまり、恋愛対象外のカテゴリーということだ。ひとつ屋根の下で、七海は誰も知らない京平の素顔を目撃していく。思わせぶりな態度も、てのひらをかえしたようなつれなさも、そして彼が抱えているのだろう孤独にも触れて、想いはどんどん募っていくのに、肝心なところで一歩がどうしても踏み込めない。だって2人は、本当の家族ではないのだから。

 よりにもよって息子の誕生日に、男と出ていってしまった京平の母。男女の関係を信じられない京平の心に、けれど七海はずかずかと――遠慮がちではあるが強引に入り込んでくる。恋愛以上に“家族”のぬくもりを求めているのは、七海も同じだったから。父を亡くして以来、女手ひとつで自分を育ててくれた母の負担にならないため、弱音ひとつ吐かずに笑顔を浮かべ続けてきた七海。そんな彼女の健気さに癒されていく京平が今度はどう七海に踏み込んでいくのか、と期待させたところで1巻は予想外の結末を見せる。

 クールなミント味のあとにくる、チョコレートの甘さ。ミントチョコレートのような京平に翻弄される七海を表現したタイトルだが、作品自体もただ甘いだけじゃない。京平の親友・瑞希が今後どんな役回りに変化していくのか。京平の母親は登場するのか? 「マンガPark」ではCV櫻井孝宏でボイスドラマも配信中とのこと。気になる続きとともにあわせて楽しみたい。

文=立花もも