人生は選択の積み重ねの結果、といえるのか?『ある男』に考えさせられる――

レビュー

「ある男とは、誰のことなのだろう?」 本作を読み始めた人の頭にまず浮かぶのは、この問いである。 『マチネの終わり』以来2年ぶりとなる、平野啓一郎の新作小説『ある男』(文藝春秋)は、「城戸さん」という男と…

本文を読む