ガンで「余命3年」を宣告された父から、息子に伝えたい大切なこと

暮らし

2018/10/3

『ぼくが子どもの頃、ほしかった親になる。』(幡野広志/PHP研究所)  子どもの成長は、親にとって最大の喜びだ。しかし、親より遅くに生まれる以上、子どもの人生を最後まで見届けることはできない。いつか必ず、別れがくる。  もしその別れが病気によってもっと早い段階で訪れるとしたら? 息子が二十歳になった姿を見ることなく、... 続きを読む