もし動物と会話ができたら…? 函館を舞台に描かれる、もっふもふの動物たちとの生活

レビュー

私事で恐縮だが、高校生の時に家にやって来た柴犬が、14歳の老犬になった。片目は完全に見えず、もう片方の目もほとんど見えない。自力でソファに登れなくなり、散歩も近所の公園をゆっくりと一周程度。夜中に徘徊…

本文を読む