【物件検索好き必読】お客を一目見ただけで理想の間取りが見える、最強の不動産屋が紡ぐ物語『まどりごと』

マンガ・アニメ

2018/10/13

『まどりごと』(こだち/講談社)

 物件探しは恋人探しに似ている。あれもこれもとすべての理想を叶えたパーフェクトな逸材に出会えることはまずないから優先順位をつけねばならぬし、そもそも自力で出会う数には限りがある。そこでプロの仲介人が必要となるのだが、これまた当たり外れがある。もし一目でその人の望みと妥協点を導き出す手腕があるとすれば、不動産屋としては最強だ。マンガ『まどりごと』(こだち/講談社)は、そんな天性の才能に恵まれた不動産営業・ひよりの物語である。

 幼いころ、6畳一間のおんぼろアパートで母と二人暮らししていたひよりの趣味は、不動産広告を眺めること。たくさんのチラシを見ては住みたい間取りを妄想し続け、不動産屋に就職した結果、得たのが「お客さんを見ただけでその人の理想の間取りが見えてくる」というある種の超常的能力だ。そんなばかな、と一瞬思うが、理想の間取りはすなわち理想の暮らしだ。服装やしゃべりかた、その人のもつ雰囲気でなんとなく予算と傾向が見えてくる――というのは、ひよりほどでなくても熟練のプロならばあることなのかもしれない。

(C)こだち/講談社

 とはいえひよりは、まだまだ若造。間取りが見えるからといって、その人の本質まで見抜けるわけじゃない。バリキャリ志向で好みにうるさい女性が、突然理想の部屋をキャンセルしたそのわけとは? 彼氏と同棲する家を探していたのに別れてしまい、理想を見失った女性が必要としているものは? お客さんとの交流を通じて、さまざまな“暮らし”を覗き見るひよりは、不動産屋としても一人の女性としても成長していく。

(C)こだち/講談社

 個人的にとくに胸を打たれたのが、第5話と第6話。小学生の息子に一人部屋を与えるため、母子家庭だからかわいそうなんて言わせないために引っ越しを決めた母と息子のすれ違い。高齢ゆえに店をたたもうとしていた駄菓子屋のおばあさんと、脱サラして絵本専門店を開業しようとしていた若き男性との出会い。誰かにとっては欠点になるかもしれないことが、誰かにとっては真の願いを叶えてくれる希望になる。その懸け橋となるひよりの視点が、あたたかく優しく読者を癒してくれる。

(C)こだち/講談社

 なんとなく物件を検索するのが好き、間取りを見るのが好き、という人は少なくない。それは「いつかこんな家に住みたい」という夢を見られるからだけでなく、多種多様の間取りを見ているうちに自分の好みがわかってくるからではないだろうか。自分がどんな暮らしを望んでいるか。つまりはどんなふうに生きていきたいか。予算、立地、設備も含め理想と現実に折り合いをつけながら、それでも夢を見られるのが間取り検索なのではないかと思う。自分はどうだろう? と妄想しながら楽しめる、物件検索好きにはたまらない一冊だ。

文=立花もも