自分でできるカラーセラピー! 選んだ色を分析して毎日がスッキリ!

暮らし

2018/10/12

『カラーセラピーで楽しい日常生活を創る50の方法』(村瀬麻衣/セルバ出版)

 今日のあなたの気になる色は? あなたの個性や心身の状態を教えてくれる「色」の言葉に耳を傾ければ、人生はもっと楽しくなるはず! 『カラーセラピーで楽しい日常生活を創る50の方法』(村瀬麻衣/セルバ出版)は、カラーセラピーで、幸せな毎日、自分の望む未来を創っていく方法を教えてくれます。著者の村瀬麻衣さんは、カラーセラピー、パーソナルカラー診断、セミナー、講演を多数手がけるカラーアナリストとして活躍中です。

「カラーセラピー」とは、選んだ色の持つ意味から、自分の傾向、今必要な意識を知り、色などを使って心身のバランスをとっていくことで、毎日を楽しく心地よく過ごすためのもの。選ぶという行為には自身の意思、心身の状態が反映されるので、選んだ色は自身そのもの。その色の、どんな意味に反応して選んだのか分析することで、自分を客観的に眺めることができるのです。

 実際にカラーセラピーをしてみましょう。本書があれば、いつでもどこでも自分で簡単にできるのがうれしいですね。掲載されている10色の中から、直感で3色選びます。最初に選んだ色は、あなたの基本的な性格、パーソナリティーを表す色。行動や思考の傾向が表れてきます。

 2番目に選んだ色からは、ここ最近の心身の状態がわかります。体調面で気をつけた方がよいこと、ネガティブ要素を補うために取り入れると良い色が述べられています。今のバランスを整えることで、未来はいかようにでも変わってくるということです。

 カラーセラピーのベースには、ヨガや東洋医学でよく使われる、「チャクラ」の思想があるのだそう。チャクラとは、「太陽の7色の光のエネルギーを取り込んでチャージする器官が身体のどこかにある」というヒンズー教の考え方です。

 脊椎に沿って並んでいると考えられている主要7チャクラは、開いてエネルギーを循環させることが理想。チャクラは見えませんが、カラーセラピーを使えば、チャクラの調子を調べることが可能なのです。チャクラの場所、教え、対応する身体部位は、本書でご覧くださいね。

 3番目に選んだ色は、あなたが望む未来、未来の可能性を示します。どのような世界に向かっているのか、どういう職業が合っているのかなどのヒントをくれます。

 また好きな人、家族、仕事関係など、気になる人の「色」のイメージから、相手の思考や行動傾向がわかるのだそうです。相手を理解できればコミュニケーションも円滑になりますね。恋の成就にも「色」はひと役かってくれそうです! 何となく心がざわざわする、後押しが欲しいという日には、占い気分で今日の1色を選んで、心や身体の声を聞いてみましょう。「カラーセラピー」を、ぜひ毎日の暮らしに取り入れてみてくださいね。

文=泉ゆりこ