「勝っても負けても、反省したらすぐ忘れる」天才・羽生善治との“言葉の対局”

レビュー

今年、二人の“羽生”が国民栄誉賞に輝いた。ひとりは歴代最年少受賞、フィギュアスケートの羽生結弦(7月2日受賞、1994年12月7日生まれ、23歳)。そしてもうひとりが本稿の主人公で、将棋界初受賞、昨年「永世七冠」…

本文を読む