濃い色&ロング丈でスッキリ!「5キロやせ見え」を叶える、大人体型のための着こなし術

暮らし

2018/10/18

「似合う服がわからなくなった」というのは、年齢を重ねた女性の多くがもつ悩みだろう。体型が変わってくるし、肌も衰えてくる。今まで似合っていた服がサマにならなくなり、悩んだ末に同世代の人気ブロガーのファッションをチェックするけど、そもそも体型が違うし。大人世代はオシャレをあきらめるしかないの? そんな想いを抱いているのは、筆者だけではないはず……。

 そこで、大人世代にも似合う服があるはず! と、いわゆる“大人体型”の女性を応援してくれるのが、人気ブログ「STYLE SNAP 大人世代の普段着リアルクローズ」だ。ブログの読者からは、「シンプルでわかりやすく、価格もリーズナブルで、とても実用的」「コーデをそのままマネしたら本当にやせて見えてびっくり」「自信のない私に、勇気をくれるブログ」といった喜びの反響が日々届いているという。

 そしてこのたび、ブログの主宰である服飾戦略スタイリスト・窪田千紘さんの書籍『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』(講談社)が、発売された。

 ブログ発であるだけに、女性たちの声をもとに、その悩みの一つ一つに丁寧に寄り添っているのが、本書の魅力だろう。“おばちゃん認定”のビフォーと“お手本コーデ”となるアフターを見せながら、取り入れたほうがいい考え方やアイテム、大人だからこそ避けたほうがいいNGコーデなどを紹介している。どうやら大人世代のオシャレには、「好きな服」より「似合う服」が必要なようだ。では、大人に似合う服とは何なのか? 本記事では、アイデアの一部をクローズアップしていきたい。

■「5キロやせ見え」を狙える、濃い色引き締め作戦

 本書のコーデをマネすれば、無理なダイエットをすることなく「5キロやせ見え」するというから見逃せない! 大人世代は、なんとか似合う服を無理矢理あわせようとするから色がバラバラになりがちで、悲しいことに、それがダラッとした印象を強めることに……。そこで取り入れたいのが、「紺色」や「黒」などの濃い色を使った引き締め作戦。黒のロングカーデやプリーツスカートを組み合わせれば、縦長ラインもゲットでき、確実に細く見せてくれるという。ブログで好評を得ているコーデのなんと8割以上が「濃い色コーデ」だというから、購入する服の色に迷ったら、濃い色を選ぶのが得策といえそうだ。

■丈が長いほどいい!1枚の布でできたワンピ

 また、多くのページでオススメされるのが、丈の長い服。カーディガンやコートなどは長いものを選ぶのが正解で、大人女性を間違いなくキレイに見せてくれるのが「ロングドレス作戦」。上下で体のラインを分断するより、スラリと上品に見えるそうだ。ドレスといっても、普段使いできるワンピースやオールインワンでOK。これからの時期は、着るだけでサマになるというニットワンピが使えそう。ダラッと見えないようなベルト使いや靴の選び方も参考にしたい。

■“おしゃれは我慢”なんて大人世代にはムリ!?

 お悩み別コーデも充実。寒さが厳しくなるこれからの季節に参考にしたいのが、“暖とり”優先ファッションだ。若い頃であれば、ほっそりして見えるという足首出しファッションにも挑戦できたが、今となってはキビシイ。寒さを我慢してレギンスを履くのではなく、ロング丈スカートやブーツなどをあわせれば、ヒートテックやタイツなどを仕込んで“暖とり”を優先した上で、素敵コーデが完成する。

 他にも、「ヒールは履かないけど、オシャレできる?」といったリアルな悩みが取り上げられ、ヒールじゃなくてもスッキリと見える、ご近所向けコーデなどが紹介されている。これでこそ“普段着リアルクローズ”!

■これ一つでファッションを格上げできるアイテム

 その他、大人世代のオシャレの50%くらいはヘアスタイルが重要であることや、肌の衰えは「光り物」が払拭してくれることなど、大人ファッションを格上げしてくれるちょっとした工夫やアイテムが紹介されているのも嬉しい。中でも注目したいのが、先の尖ったフラットシューズ。普段使いしやすいバレエシューズは大人世代の味方だが、体のシルエットが丸みを帯びているから、足元はシュッと引き締めたほうがいい。一つ取り入れるだけでガラッと印象を変えられるアイテムである。

 ファッションの仕上げとなるバッグにも工夫を。服にはユニクロやZARAといったプチプラが多く使われているが、バッグは大人ファッションの見せどころと捉えて、掲載されているシャネルのようなお高めブランドをあわせるのもいい。とはいえ、バッグは実用性が大事だから、A4サイズが入る大きめのトートバッグを別に持つといい、とアドバイスが添えられている。

■ファッションがキマれば明日も楽しい!

 服を着るのは毎日のこと。明日を楽しむためには、ファッションをあきらめてはいけないのかも、いや、あきらめないでいいのだ! そう強く感じられる一冊である。しかも、紹介されるコーデの多さは、大人体型の悩みってこんなにたくさんあるの? と改めて気づかされるほどで、満足満足。

 ビフォーアフターのモデルを務めるのはブログ制作チームのメンバーで、使われているアイテムはすべて私物というから、まさにリアルクローズである。メインのモデルを務める事務局原田さんにも注目したい。160cm、63キロ、大人体型代表。彼女が着る服だからそのままマネできるとブログでも絶賛されているとか。爽やかな笑顔は親しみやすくてとっても素敵! 何を着たらいいのかわからない、大人体型でも似合う服を知りたい、と悩んでいる人はぜひ一読を。

文=吉田有希