ビートたけしが描く、冴えない作家志望の男と柴犬の話

エンタメ

2018/10/21

『ゴンちゃん、またね。』(ビートたけし/文藝春秋)  辛いとき、寂しいとき、そばに誰かがいてくれたら少し気が紛れる。それが最愛の人だったら心が和らぐ。安心感が芽生え、なんだかなんとかなりそうな気がしてくる。  冴えない作家志望の男・関口則之の場合は、愛犬のゴンちゃんがそうだった。 『ゴンちゃん、またね。』(ビートたけ... 続きを読む