アパートの一室で貧困による凍死… 法医学解剖医が見た“死体の格差”

社会

2018/12/24

『死体格差 解剖台の上の「声なき声」より』(西尾元/双葉社)  ユーゴスラビアには「われわれの生まれ方はひとつ。だが死に方はさまざま」ということわざがある。それをしみじみと感じさせてくれるのが、兵庫医科大学で法医学講座主任教授を務めている西尾元氏が著した『死体格差 解剖台の上の「声なき声」より』(双葉社)だ。  私た... 続きを読む