「ただ好きで、他に代わりがないだけです」 舞城王太郎が描く思春期の恋物語

2分で読める
レビュー

自分の私生活が荒んでいるからか、舞城王太郎さんの新刊『私はあなたの瞳の林檎』(講談社)のピュアさにひどくあてられてしまった。収録されている3編「私はあなたの瞳の林檎」「ほにゃららサラダ」「僕が乗るべき…

本文を読む