「ただ好きで、他に代わりがないだけです」 舞城王太郎が描く思春期の恋物語

文芸・カルチャー

2018/12/23

『私はあなたの瞳の林檎』(舞城王太郎/講談社)  自分の私生活が荒んでいるからか、舞城王太郎さんの新刊『私はあなたの瞳の林檎』(講談社)のピュアさにひどくあてられてしまった。収録されている3編「私はあなたの瞳の林檎」「ほにゃららサラダ」「僕が乗るべき遠くの列車」は、いずれも読者を思春期の感情に引きずり込むストレートな... 続きを読む