あなたの悲しみに愛をもってよりそう――春夏秋冬に彩られた恋愛小説『生きてさえいれば』

文芸・カルチャー

2019/1/11

『生きてさえいれば』(小坂流加/文芸社)  発売してわずか6ヶ月で売上20万部を突破し、いまなお多くの読者に感動を与え続ける恋愛小説『余命10年』(文芸社)。作者・小坂流加さんの実体験をリンクさせた胸を打つフレーズと「命」を感じさせるストーリーは、読者に“ひとりの女性の生き様”を刻みこんだ。  小坂さんは、2017年... 続きを読む