ぶっちゃけ、社会人になったら「学び」は必要? 落合陽一はどう答えるか――

暮らし

2019/1/14

『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』(落合陽一/小学館)  人生100年時代と言われる現代において、学ぶことの意義そのものが変質しつつある。かつて高度成長期の時代には、よい大学に入りよい企業あるいは官公庁に入って定年までひとところで勤めあげるために教育を受けるとい... 続きを読む