介護が終わっても“うつ”は終わらない…。安藤和津さんが経験した13年の介護記録

暮らし

2019/1/30

『“介護後”うつ 「透明な箱」脱出までの13年間』(安藤和津/光文社)  高齢化社会に拍車がかかっている近年は、老々介護や孤独死など介護に関係のある社会問題が話題となることも多い。介護は終われば心身が楽になると考えられがちだが、実はそれほど簡単な問題ではない。そんな介護の苦しさを包み隠さず教えてくれるのが、タレント兼... 続きを読む