江戸時代、天狗にさらわれた少年がいた!? Twitterで話題沸騰の奇書、唯一の現代語訳文庫

文芸・カルチャー

2019/2/1

『天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞』(平田篤胤:著、今井秀和:訳・解説/KADOKAWA)  今から約200年近く前に書かれた古典が、売れに売れている。  江戸時代後期の国学者・平田篤胤(あつたね)が文政年間に著した『仙境異聞』だ。これは天狗にさらわれ、この世とは異なる不思議な世界(=仙境)を訪れたという少年の体験... 続きを読む