自分は価値のない人間? 偏差値30の僕がうんこを通じて「自己肯定感」について考えた

暮らし

2019/2/3

『19歳で人工肛門、偏差値30の僕が医師になって考えたこと』(石井洋介/PHP研究所) 「子供のころ大きな病気をしてお医者さんに助けてもらったから、私も医師になろうと思ったんです」テレビドラマなどでたまに出てくるセリフだが、実際、医者になる人はどんなきっかけでそうなったのだろう。 『19歳で人工肛門、偏差値30の僕が... 続きを読む