報道のイメージ通りだった殺人犯は一人もいない『平成監獄面会記』「犯人本人に会わないとわからないことが必ずある」

社会

2019/2/8

『平成監獄面会記』(片岡健/笠倉出版社)  世間を騒がせた犯罪者が刑務所で執筆した「獄中記」は、どこか複雑な気分(読むことで犯罪者を利するんじゃないか、自分に都合のいい主張なんじゃないか…etc.)もついてまわり、「読むか、読まないか」と意見がわかれることもある。とはいえ凶悪犯が獄中で何を考えているのか、ほんとのとこ... 続きを読む