「俺が犯人だ」―新聞の紙面で展開する連続殺人犯とメディアの論戦にどんな決着がつくのか?

エンタメ

2019/3/31

『だから殺せなかった』(一本木 透/東京創元社) “おれは歴史に残る凶悪犯だ。まずは発言の場所を担保したい。おれの「殺人哲学」を語り、言葉を歴史に刻印したい。”  第27回鮎川哲也賞優秀賞受賞作『だから殺せなかった』(一本木 透/東京創元社)は、連続殺人犯が大手新聞に手紙を送り、犯行内容を語るという衝撃的な推理サスペ... 続きを読む