鼻をつく暴力的なアンモニア臭。孤独死の現場から見える“日本の近未来”とは?

社会

2019/3/28

『超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる』(菅野久美子/毎日新聞出版)  年間約3万人いるといわれる孤独死。誰にも看取られることのないままひっそりと命を落とした彼らの存在は、死後数カ月してからようやく発見されるケースも少なくないという。  そして、すでに物言わなくなった彼らの遺体や遺品を処理するのが、“特殊清掃業者”と... 続きを読む