江戸時代まで庶民は名字を持っていなかったというのは誤り!? 自分の名字のルーツを遡ると――

文芸・カルチャー

2019/4/14

『名字の歴史学』(奥富敬之/講談社学術文庫)  新年度となり、新しい顔ぶれの中に身を置くことが多いこの季節。私は学生時代に毎年ちょっと嫌だったことがある。それは、姓名の五十音順で出席番号を振られるのだが、この番号順だと名字がア行の人は、慣れないクラスでいきなり日直や当番などをやらねばならないということ。春は名字に関連... 続きを読む