「令和」になる前に読みたい、古き「昭和」の時代を感じさせる復讐サスペンス!

文芸・カルチャー

2019/4/27

『夜の塩』(山口恵以子/徳間書店)  昭和30年。戦後の混乱もようやく落ち着き、人々の生活に少しずつ日常が戻ってきた時代である。だが、戦争の傷跡は深く、社会の裏側には、今では考えられないほどの深い「闇... 続きを読む