AI技術で死んだ家族が帰ってきたら?再び始まった日常の中で気づく大切なものとは

暮らし

2019/5/16

『レンタル家族』(松本健太郎/双葉社)  いずれは訪れる家族の死。闘病生活が長く続き、覚悟したうえで死に立ち会うこともあれば、突然の事故や病気により、今朝まで元気だった人が帰らぬ人となってしまうこともあり、死の形はさまざまだ。しかし、どのような形であれ、家族が亡くなったことの悲しみはすぐに癒えるものではない。もう一度... 続きを読む