双極性障害からハラスメントまで――人気作家が自らの体験をもとに綴る、病とのつきあい方とは

文芸・カルチャー

2019/5/19

『絲的ココロエ 「気の持ちよう」では治せない』(絲山秋子/日本評論社) <人間は自分の意思では虫歯ひとつ治せません>――これは、小説家の絲山秋子氏が、精神の病に対して周りが甘えだの気の持ちようだのと理解のない言葉を投げかけてくるときに、自分に言い聞かせている言葉だ。 『絲的ココロエ 「気の持ちよう」では治せない』(日... 続きを読む