女児誘拐殺人事件の犯人が出所後「無実主張」のサイトを開設…冤罪なのか? 真犯人は?

文芸・カルチャー

2019/7/10

『審判』(深谷忠記/徳間書店)  無実であるのに犯罪者として取り扱われてしまう冤罪事件は、その事実が明るみに出ず闇に葬られてしまうこともあるのではないだろうか…? そんな重いテーマにミステリー要素を絡めた『審判』(深谷忠記/徳間書店)は、司法の力の限界や絶対的正義の不確かさをも感じさせる、示唆的要素の多いサスペンス小... 続きを読む