30歳で「性別がない」と判明した著者がアラフィフという「思秋期」を迎えて考える手探りの人生設計

レビュー

昭和時代は固定観念が強かったので、「男性なら(女性なら)このような人生を歩んでいく」というイメージが日本全体で共有されていた。それを疑うことなく、もしくはやむなく従いながら、人々は年を重ねていった。 …

本文を読む