酔っ払って暴力を振るう父、耐えて家族を支えた母は認知症に。大切な家族が私のことを忘れてしまっても――

暮らし

2019/9/7

『認知症の母がくれた涙のプレゼント』(ふみさん/文芸社) 「認知症」になると、大切な人の人格が徐々に変わっていくため、介護者は知らない人が目の前にいるような悲しさを味わうことがあるという。だが、認知症を通して、家族の絆が見えるようになることもあるのかもしれない。そう教えてくれるのが、『認知症の母がくれた涙のプレゼント... 続きを読む