「読みながらぼたぼたと涙をこぼしていました」――文の向こうに絵が見えると大反響! 『線は、僕を描く』

レビュー

この6月に『週刊少年マガジン』(講談社)での漫画連載もスタートした『線は、僕を描く』(講談社)は、現役の水墨画家でもある砥上裕將さんが、ひとりの青年の再生を通して、水墨画の魅力を伝える小説。紙面の上に…

本文を読む