『サザエさん』波平の“禁断症状”にツッコミ続出「正真正銘のアル中w」

エンタメ

2019/10/6

『アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!』(扶桑社)

 9月29日に放送されたアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)で、“断酒”に挑む波平の様子が異様すぎるとして、「禁断症状出てる!」などとツッコミの声が殺到している。

 話題になったエピソードは作品No.8004「酒断つふたり」。ある日、波平とマスオの酒癖の悪さに堪忍袋の緒が切れたフネは、2人に“断酒”を言い渡す。波平は、反省しつつもどうしても迫りくる“飲酒欲”を紛らわせようと、まずは、書道で「断酒」の文字をしたためることに。しかし、フネに書を褒められ良い気になった波平はつい「母さん、1本つけてくれ」とあっけらかんとお酒をリクエスト。波平は言葉を口にした途端に「あぁ…」と己の過ちに気が付き、フネも「お父さん…」と波平の“アルコール依存”っぷりに絶句してしまうのだった。

 “書道作戦”が失敗に終わった波平は、次はひとり縁側で囲碁を打つことに。ふと顔をあげ、ぼんやり陽気な空を眺めていると「こんな日はさぞかしビールが美味いんだろうなぁ」とまたも無意識に酒のことを考え、「あぁ、いかんいかん」と自省する。次に、思い切って身体を動かしてみようと散歩へ。すると偶然ワカメと遭遇、ワカメのリクエストで甘味処へ行き、美味しそうにあんみつを食べるワカメを見て、波平は“断酒”するのも悪くないと心から反省するだった。

 しかしその夜、晩御飯でサクサクでジューシーなアジフライを目の前にすると、咄嗟に「このフライ、ビールと一緒に食べたらうまいんだろうなぁ」としみじみ。そんな波平を見かねて、フネは断酒の令を解いてあげようとしたのだが、予想に反して波平は断酒を継続を宣言する。どうやら、断酒期間中に目の当たりにした街中の“みっともない”酔っ払いサラリーマンの姿に自分を重ねて嫌気がさしていたらしい。

 しかし、その夜やはり我慢ならなくなった波平はこっそり“寝酒”しようと台所へ向かうと、そこにはマスオの姿が! 互いに「麦茶を飲もうと思って…」「僕もです」と誤魔化し合いながら冷蔵庫を開けると、なんとフネが2人の行動を先読みして、キンキンに冷えたビールと枝豆を用意してくれていた。これには2人とも大喜び、瓶ビールを開け盛大に“お酒解禁”を祝うのだった。

 視聴者からは、波平が“断酒”期間中に酒のことばかり思い浮かぶ様子に「波平とマスオ、正真正銘のアル中じゃんw」「禁断症状出てる 夢にまで酒出てくるってw」「波平さんって厳格な性格だけど、すぐお酒に飲まれるよね」「アニメだから笑えるけどあんな飲み方の男の人やだーw」「波平さんの 酒に呑まれ具合は ちょっと深刻な状況じゃないですか?」などと“アルコール中毒”を指摘する声が続出した。

 ちなみにオチは、波平とマスオの2人で居酒屋へ行き例のごとくベロベロに酔っ払った波平が、水の蛇口を間違えてワイン樽の蛇口を開けて飲んでしまい、結果コップ片手に大の字で寝てしまっていた。次の断酒期間はもう少し長く設けるべきかもしれない。