失われた部位に痛みを感じる「幻肢痛」。摩訶不思議な“体の記憶”、そのメカニズムとは

社会

2019/10/19

『記憶する体』(伊藤亜紗/春秋社) 「幻肢痛」という痛みがある。何らかの理由によって四肢のいずれかを切断した人が、存在しないはずの部位に痛みを感じる現象のことである。この現象は、“記憶”が痛みを引き起こすのだ。一般にその痛みは壮絶なもので、当事者たちの日常を苦しめているという。 『記憶する体』(伊藤亜紗/春秋社)によ... 続きを読む