大人女子のバイブル的一冊!「LIFE’s」ディレクター吉田怜香さん5年ぶりのスタイルブック『32』

暮らし

2019/11/9

『32』(吉田怜香/双葉社)

 インスタグラムなどで話題を集める、ライフスタイルショップ「LIFE’s」のディレクター・吉田怜香さん。アパレルブランド「TODAYFUL」のデザイナーとしても活躍する彼女の5冊目の著書が、この秋、発売された。『32』(吉田怜香/双葉社)というタイトルのスタイルブックは、その名のとおり、今年32歳になった怜香さんの素顔がまるごとわかる贅沢なつくり。写真をたっぷり使ってまとめられた、彼女のありのままの生活をのぞいてみよう。

撮影/田村昌裕(Freaks)

 本書では、インスタグラムに寄せられた200の質問に怜香さんが答えるという形で、彼女の考えるファッション、美容、インテリアや暮らしなどが、カテゴリごとに紹介されている。なかでも圧巻なのは、怜香さんの愛用品111アイテムがずらりと並ぶページ。

 ファッションのページでは、お気に入りのコーディネートを紹介するだけでなく、読者が今すぐ取り入れられる着こなしのポイントもアドバイス。

撮影/東 京祐

 インテリアや暮らしのページも、お気に入りの見つけ方から収納の工夫まで、怜香さんが「なにを、どのように考えて、そのセレクトをしたのか」がていねいに解説されているので、自分の生活にも応用しやすいはず。

 ヘルシーでキュートな怜香さんの笑顔もたくさん見られて、“吉田怜香ファン”も大満足間違いなし!

撮影/東 京祐

 このほかにも、彼女の頭の中、好きな漫画、普段のスケジュールなど、プライベートに踏み込むところまでさらけ出して見せてくれるのは、おそらく、怜香さんが自分の選択を信じているからだろう。一冊を読み終わるころには、その自信は、彼女の努力はもちろん、周囲の人へのリスペクトや、これまで自分にまなざしを向けてくれた人への感謝の気持ちから生まれているのだということが、ごく自然に見えてくる。

撮影/東 京祐

 意固地になって折れてしまうことも、周囲に合わせて流されてしまうこともない。流行も人の考えもあっというまに変わってしまう今だからこそ、自分の芯をしっかりと持っている彼女が輝いて見えるのだ。

 そんな彼女がファッションの軸に置いているのは、「可愛らしいより、かっこいいひとでいたい」ということだそう。

憧れるのは、ハンサムななかに女らしさのあるひと。
芯はあるけどしなやかで柔軟なひと。
自分をもっていてまっすぐなひと。
そのなかにさりげない色気と愛嬌もあれば最高。
まだまだだけど、いつかそんなひとになりたいです。

撮影/東 京祐

 凛々しい彼女の生き方を、惜しみなく伝える一冊。ファッションやインテリアのセンスだけでなく、生き方そのものを高めるバイブルとして、大人女子の手元に置いてほしい。

文=三田ゆき