「趣味は通夜に行くことです」…24歳無職の女性が出会った不思議な生き方とは

文芸・カルチャー

2019/11/24

『通夜女』(大山淳子/徳間書店)  あらすじに目を通しただけで、早く内容を読みたくてウズウズしてしまう書籍と出会うことがある。私にとって、『通夜女』(徳間書店)もその1冊だった。  本作は人気作家・大山淳子さんによる小説。大山さんは、「猫弁 死体の身代金」で第3回TBS・講談社ドラマ原作大賞を受賞しデビュー。以来、「... 続きを読む